.

破産申告の際に返済義務に対しその保証人となる人がいる場合には早い段階で相談をしておいたほうがよいでしょう。

再度、改めてお勧めしますが負債に保証人が付いているときは、自己破産の前に少し考えなければいけません。

というのは自分が破産手続きを取って受理されれば、保証人があなたが借りた義務をみな負う義務があるからです。

自己破産手続きの前に保証人になってくれた人に、過去の経緯や現状を説明してお詫びの一つもなければならないでしょう。

そういったことは保証人になるひとの立場からすると求められることです。

負債者のあなたが破産の申告をすることで、とたんに高額の借金がふりかかってくるわけですから。

そうなると、以後の保証する立場の人の選ぶ道は次に示す4つです。

一つの方法はあなたの保証人が「すべてを返済する」という手段です。

あなたの保証人が負債をラクに返せるほどの資産を所有していれば、それが選択できます。

でもその場合あえて破産せずあなたの保証人に立て替えを依頼して自分はその保証人に毎月返済するという解決策もあると思います。

その保証人が借金をした人と良い関係にあるのなら少し返金期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうで合わせて返金が不可能でもローン業者も相談により分割による支払いに応じてくれます。

あなたの保証人にも破産申告を行われると借金がまったく返ってこないリスクを負うからです。

保証人がもし返済額を全額背負う財産がない場合は、あなた自身とまた同じくある中から債務の整理を選ばなくてはなりません。

続いては「任意整理をする」処理です。

債権者側と落としどころをつける方法により、3〜5年の年月で完済していく感じになります。

実際に弁護士事務所にお願いするにあたっての費用の相場は債権者1社につき4万円。

全部で7社からのローンがあったならだいたい28万円いります。

もちろん貸した側との話し合いは自ら行うこともできますがこの分野の知識のない素人の場合相手があなたにとってデメリットの多いプランを提示してくるので気を付ける必要があります。

くわえて、任意整理で処理するという場合もあなたの保証人に借金を負担してもらうことを意味するのですから、借りた人はたとえちょっとずつでもその保証人に返済を続けていく義務があります。

次は保証人である人も返済できなくなった人と同様「自己破産をする」という選択です。

保証人も破産した人と同じく自己破産をすれば保証人となる人の義務も消えてしまいます。

ただその場合は、その保証人が株式などを所有している場合は該当するものを没収されますし法令で資格制限のある職業についている場合などは影響が出てしまいます。

そのような場合、個人再生制度を活用できます。

最後に4つめの方法としては「個人再生という制度を利用する」方法についてです。

マンション等を残したまま借金の整理をしたい場合や破産申告では資格制限に触れる職業についている方にメリットのあるのが個人再生による処理です。

これなら、自宅は残せますし破産申し立てのような職業の制限、資格制限が何もかかりません。