.

子供を抱っこするようになって、手首の痛みがひどくなりました。美と健康を保つのは難しい!

手首を良く使う仕事やスポーツをする人にとってはおなじみの手関節痛ですが、一度痛みが出ると日常生活で非常にやっかいです。肌に優しい化粧下地

とにかく、何をしても痛いです。ライザップ 柏店

ちょっと捻っただけでも痛いのです。ラバ 恵比寿

特に重たいものを持たなくても痛みます。近距離引越し.jp

何とかしたいと思うのですが、使わないわけにはいきません。姿勢矯正の鏡

できる対処としては、冷やすのが一番です。ほうれい線を消す化粧水

手首の関節痛の原因は、指や手首の使い過ぎにより、筋肉が炎症を起こすことです。

手首は細いですが、血管や神経、骨や指や手の筋肉・腱などが走行しています。

腱鞘という鞘の役割をした組織にまとめられているのですが、炎症を起こすと、腱鞘内で腫れて動きが鈍くなり、互いの筋肉がこすれて炎症がひどくなります。

こうして炎症を繰り返すことで、慢性の痛みになります。

これが腱鞘炎といい、手首の関節痛みの主な原因となります。

まずは、炎症を取り除くことが大切なのですが、そのためにできるのが冷やすことです。

患部が冷えることで、炎症がひき痛みが改善していきます。